署名がわりの印鑑

  • RSS

歴史の中で戦国時代と並びおしゃれだった印鑑が、「花押印」です。
「花押印(かおういん)」は、平安時代からあった、署名と落款印とを兼ねたような印です。
登場した最初は、本当に「署名の代わり」でしかなかったのだけれど、どんどんデザイン性が増していって、まさに『花のように美しい印』になったと言われています。

花押印がどのようなものかといえば、今の芸能人のサインに近い感じのものになったのです。
1字分くらいのスペースに、名前をモチーフにした独自デザインを作ったものです。
そもそもは筆で書いていたものですから、毛筆で書いたサインという感じでしょうか。
花押の作り方にも流派があるのだそうで、生年月日や吉文字などを用い、さらに陰陽五行まで取り入れられたりするのだとか。
きっと、今の時代と同じように、デザインを考える人がいらしたのでしょうね。

花押印の文化は、その後もしばらく続いていきます。
私の知る花押の中で、もっとも美しいと思うのが、徳川家康の花押。
機会があれば見てみると良いけれど、とてもまとまりがよく、水が流れるような、風で桜が舞い上がるような美しさがあります。

さて、この「花押印」。
平成の私達でも作ることができます。
結構なお値段がかかってしまうのだけれど、花押を自分で考えて、必要ならば立派な花押印も作ってくれます。
まあ、サインを考えてもらうのにもやっぱり数万円かかるものですから、それから考えてみると妥当なお値段だとは思いますけどね。
銀行印として使えるものもありますから、活用してみるのも良いですよ。

このページの先頭へ